Chef&Staff

プートゥリェーの道のり Chef・池口について

.


Chef

池口 芳
Kaoru Ikeguchi


1958年
福岡生まれ

1977年
神戸「ビストロ・ドゥ・リヨン」
.

1982年
渡仏
L’Etrier(レトリエ)
Hotellerie du Bas-Breau
(オテリアー・ドゥ・バ・ブレオー)
La Poutriere(ラ・プートゥリェー)

1985年
帰国

1987年

ラ・プートゥリェー 福岡市中央区大名にてオープン

福岡調理師専門学校・特別講師


2012年

ラ・プートゥリェー25年目、大名から高砂に移転

新店名:オマール家・プートゥリェーとして再スタート


プートゥリェーの原点

フランス修行時代、田舎町リボーヌのレストラン「レトリエ」でフランス人の心温まる人柄にふれ、次に出逢ったレストラン「オテリアー・ドゥ・バ・ブレオー」では、フランス料理の歴史と格式を肌で感じました。
その後は、オルレアン市のレストラン「ラ・プートゥリェー」で料理の師と仰ぐトマ氏に出会い、フランス料理のみならず、数多くの事を学びました。
現在はこの「ラ・プートゥリェー」は閉店していますが、ここで学んだことを「プートゥリェー」の名と共に受け継ぎ、フランスのレストランにより近いスタイルを追求していきたいと考えています。

『プートゥリェー』=“poutrie`re”[仏語]:古民家の木の梁(はり)。

古木の梁

フランス料理を修業したオルレアン市は、ジャンヌ・ダルクが生まれた町として知られるパリから南方115キロの田舎町。その歴史の重さを感じる木組みの店の名が「ラ・プートゥリェー」でした。
永く風雪に耐え、建物を支える古木の梁のように、どんなに時が経とうとも揺ぎ無い強さ、伝統を大切にする心を象徴する言葉と捉えてます。


Chefとスタッフ達の合言葉

私達の目標とするレストランは
一流ではなく、”すばらしい店” と呼ばれることにあります。
”すばらしい店” とは
心地よい場所と、おいしい料理を提供できる
店のことであります。


Chefと歴代スタッフ達の写真集